沖縄県厨房排水処理事業協同組合のホームページ

私たちは、沖縄で増加する飲食店や食品工場の排水処理環境を見守り、美ら海と子ども達の未来を守ります。

 沖縄の本土復帰の1972年の県民人口97万人。あれから沖縄県の人口は約144万人となりました。

何よりも入域観光客はその年の56万人から2017年は877万人にも増え、2020年度を待たずに1000万人を超える勢いです。

それは、外食店の増加にもつながり、その発展とともに、そこから出る厨房排水量、つまり下水処理の増加も意味しています。

今や沖縄の海の、そしてサンゴの生死は私たち人間が作り出す排水に対する私たちの真摯な取組みにかかっているとも言えます。